Wizard Bible vol.14 (2004,12,26)

○第1章:謝罪 〜TVのチカラ編〜                                  MaD 著
○第2章:マニアックJavaプログラミング第一回:wait()とnotify()    金床 著
○第3章:Windows Raw Socket Programming                   Kenji Aiko 著
○第4章:熱暴走したHDDを冷やしてデータ救出する実験とその結果    黒猫 著
○第5章:詐欺師の技術を盗め 〜考える楽しみをもう一度〜     IPUSIRON 著
○第6章:警察の脆弱性                                            MaD 著

エンジニアのボーナス、満足?不満? (ITmedia)

2004年冬のボーナス額平均は66.6万円(税込み)だった。2004年夏のボーナス調査時の平均(66.7万円)とほぼ同額となった。2003年冬のボーナス平均額(63.1万円)に比べると、全体で5.5%の増加となった。冬のボーナス支給額が「昨年よりも増加」と答えた人は全体の49%だが、逆に「減った」人も16%いた。

66万円ですか…。それだけもらえれば十分ぢゃないですか?しかし、世の半分の人がボーナス上がったってのに大幅減額なオレって一体……_| ̄|○

上位100ウェブログを片っ端から紹介するよ 2005/1/1 RSSフィードメーター版 (絵文録ことのは)

結構知らないブログがあるので、暇なときにでも見てみよっと。

[Windows セキュリティの重要な警告] 画面を悪用した偽装について (penetration technique research site)

Windows ファイアウォールの「Windows セキュリティの重要な警告」画面で表示される情報「名前」と「発行元」は任意に設定可能な値であるため、任意のプログラムに正規のプログラムと同じ「名前」と「発行元」を設定することでユーザに正規のプログラムのように思い込ませて通信を許可するように誘導することができるとのこと。
回避方法として、「名前」に表示されているプログラム名にカーソルを合わせるとファイルパスが表示されるので確認することが挙げられている。